動脈硬化指数を下げる方法

動脈硬化指数を下げる方法

スポンサーリンク

 

動脈硬化指数を下げていくためには、コレステロールや中性脂肪の値の改善や、血圧の正常化が必要です。
これらを行うためには、やはり食事の見直しや運動習慣を身に着けるといったことが必要になってきます。
ではどのような改善が必要なのでしょうか?

 

【食事の見直しで下げる方法】

 

動脈硬化指数を下げるためには、血圧や血中コレステロール、中性脂肪などを下げる必要があります。
そこで、まずは食事の見直しをするという方法がとられることが多くなります。
脂っこい食事を控え、甘いものの食べ過ぎなども防いでいきましょう。
血圧を下げるために塩分にも気を付けていくことも大切です。
低カロリー低脂肪の食事を心がけることが必要です。
またコレステロールや中性脂肪の値を改善する期待できるEPAやDHAといった成分を積極的に取り入れましょう。

 

 

【運動習慣を身に着けるという方法】

 

動脈硬化指数を下げるためには運動習慣を身に着けることもおすすめの方法です。
激しい運動をする必要はなく、動脈硬化指数を下げるためには有酸素運動を行うことがおすすめです。
長く続けられる無理のない運動が、動脈硬化指数改善のためにはおすすめの方法となります。

 

スポンサーリンク

 

【適度な食事と運動を組み合わせる】

 

急激に食事を見直したり運動をしたりするということは大変ですが、少しずつでも両方を組み合わせていくことで、無理なく動脈硬化指数を下げていくことにつなげていきましょう。
まずは食事の見直しのために揚げ物を焼き物に変えたり、蒸し物に代えてみるといったことを行い、並行して食後15分程度の散歩を行ってみるという方法なら、無理なく行える方法になるのではないでしょうか。
無理な方法は続けられませんので、少しずつの改善がおすすめです。

 

 

動脈硬化指数を下げるためには、食事の見直しや運動習慣を継続して行う必要があります。
無理がない範囲で続けることが出来るように、過度ではなく食事の見直しと運動を並行して行うことがおすすめです。

 

スポンサーリンク