動脈硬化指数のHDLとLDLの違いと活用方法

動脈硬化指数のHDLとLDLの違いと活用方法

スポンサーリンク

 

動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞そして高血圧の原因となる怖い病気です。
この動脈硬化の起こりやすさを数値化したのが動脈硬化指数です。
この数値には、HDLとLDLが関係しています。

 

 

【血中に含まれているコレステロール】

 

動脈硬化指数の計算ではHDLとLDLの違いのある2つのコレステロールにより計算されることになります。
HDLは善玉コレステロールでNDLは悪玉コレステロールのため両者には大きな違いがあります。
違いのあるこれらのコレステロールを利用して計算を行います。
血中に含まれているコレステロールでは、HDLの善玉コレステロールは40mg/dlから65mg/dlが正常とされる範囲です。
NDLの悪玉コレステロールは、正常とされる範囲が70mg/dlから120mg/dlになります。

 

 

【動脈硬化指数の計算方法】

 

動脈硬化指数の計算方法では、HDLとLDLの2つの違いのあるコレステロールの数値を利用して計算が行われます。
こちらの計算では血液全体の善玉コレステロールに対して悪玉コレステロールがどれくらい含まれている数値を求めたのが動脈硬化指数となります。
この動脈硬化指数では、数値が大きいほどHDLに比べてLDLの割合が大きくなるため動脈硬化になりやすいリスクが高くなります。

 

スポンサーリンク

 

【動脈硬化指数によるリスク管理】

 

動脈硬化指数の計算でHDLとLDLの2つのコレステロールの違いにより動脈硬化になるリスクがわかります。
この数値によりリスク管理をすることで動脈硬化にならないようにすることが可能です。

 

 

【生活習慣の改善】

 

LDLとHDLの違いにより動脈硬化のリスクとなる指数を計算することができます。
この計算によりリスク管理ができることになり、食生活や生活習慣の改善が可能となります。
このリスク管理により、普段の食生活の改善で減塩する食事や血管を丈夫にすることができるたんぱく質やビタミン類を積極的に摂取することなど、必要な改善が可能となります。
血栓を溶かすことができる食材を積極的に摂取することや運動を毎日取り入れることで生活習慣の改善が可能です。
動脈硬化の予防の目安を数値化することで、具体的な改善方法が可能となります。

 

 

動脈硬化になってしまうリスク管理として動脈硬化指数を用いることができます。
HDLとLDLの違いのあるコレステロールを利用して計算することになります。
このリスク管理により生活習慣や食生活を見直すことで動脈硬化になるリスクを軽減させることができます。

 

スポンサーリンク