ストレスの影響と動脈硬化

ストレスの影響と動脈硬化

スポンサーリンク

 

今の社会では、ストレスを持たない事は不可能だといえます。
だれでもストレスを持っていることになりますが、動脈硬化とも関係があります。
この関係性を理解しましょう。

 

 

【間接的な原因】

 

ストレスの影響による動脈硬化は、直接的な原因ではなく間接的な原因と言われています。
こちらの病気の原因として生活習慣病や喫煙により進行を早めてしまうことになります。
しかし、ストレスは、動脈硬化の進行を間接的に与えてしまうものです。
交感神経の影響によりこちらの症状が進行することになります。
ストレスが続く事は、体の調子を悪くさせてしまいます。

 

 

不規則な生活を続けることでこの状態が長くつづいてしまいます。
その結果血管の収縮など異常な状態が続いていくことになります。
血管の異常な状態が続く事はこちらの病気になってしまうリスクが高くなってしまいます。
そのため交感神経に影響のある状態が続く事は、血管の正しい状態を維持することができなくなります。
そのため間接的な原因になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【影響を解消する努力】

 

ストレスの影響と取り除くためには、影響となっている原因を解決させる必要があります。
そのためにはストレス発散の楽しみを行うことが必要です。
この発散の方法は人により異なりますが、思いっきり叫ぶことやカラオケを楽しむことも発散の方法として効果があります。
外国ではお皿を壊すなどの行動が発散につながるといわれており、定期的に楽しむ人がいます。

 

 

飲酒も発散の材料として効果的ですが、動脈硬化にならないように注意が必要です。
また、タバコが発散できる材料としても動脈硬化に影響を与えることになるため、逆効果となります。
体に良い影響を与える発散方法を見つけることが、間接的な原因を排除させることになります。
普段の生活を見直すことも、大切なストレス発散につながります。

 

 

動脈硬化の直接的な原因ではありませんが、ストレスを体に貯める事は間接的な。
良い影響を与えます。
適度に発散させることが、動脈硬化を予防させる方法となります。

 

スポンサーリンク