動脈硬化のエコー検査の費用と保険適用について?

動脈硬化のエコー検査の費用と保険適用について?

スポンサーリンク

 

動脈硬化の検査を行うことができます。
エコーを用いる方法があります。
こちらの方法では、費用が気になります。
また、保険適用なら、安く済みます。

 

 

【頸動脈エコーの費用と保険適用】

 

動脈硬化の診断ができる頸動脈のエコー検査では、簡便で視覚的に診断できる方法です。
こちらの方法を採用するのは、高血圧や高脂血症そして糖尿病の症状がある人、これらの疑いがある人と動脈硬化の疑いがある人にオススメの方法です。

 

 

実際に、動脈硬化を調べるエコー検査を行うと、実費の費用が発生します。
しかし、保険適用のため経済的な負担を考えることなく診断できることになります。
費用の保険適用では、加入している組合により異なります。
1割負担の場合には、費用は550円程度です。
3割負担の場合には1,650円程度になります。
また、別の病気の症状によりこちらの診断を行うときでも保険が利用できる事になります。
これらの場合には病気の疑いがあるための診断になるため日頃の健康管理の検査では、自費負担になります。

 

スポンサーリンク

 

【脳ドックを行う】

 

脳卒中などが発症してから治療するのでは遅いため発症する前の予防が重要です。
動脈硬化により脳梗塞の心配を考えるならば脳ドックでいろんな検査ができます。
もちろん頸動脈エコー検査も含まれているため一緒に行うことが可能です。

 

 

脳ドックを行う事は苦痛ではなく安心して利用できますが心配なのが費用です。
無症状の人が行う検診になるため保険適用がされず全額費用を負担することになります。
  動脈硬化を調べる頸動脈のエコー検査も含まれているためこちらの脳ドックを受けの人も増えています。
また、保険適用されない費用を全額負担することになりますが、企業、健康保険組合や自治体によっては、一部助成金制度を設けている場合があります。
経済的負担が心配な人は事前に確認することをおすすめします。

 

 

動脈硬化を調べるため頸動脈のエコー検査があります。
無症状の場合には費用負担を全額することになり保険適用されません。
しかし、企業や自治体によっては一部助成金制度を設けている場合があります。
事前に確認を行いましょう。

 

スポンサーリンク