動脈硬化が起こる病気の種類

動脈硬化が起こる病気の種類

スポンサーリンク

 

発病原因が同じでも症状の違いにより細かく分類されています。
動脈硬化が起こる場所や原因の違いにより種類があります。

 

 

【動脈硬化の種類】

 

動脈硬化の病気は、動脈血管が硬化が起こることで現れる病気です。
動脈のどのような場所でも発生します。

 

 

【アテローム性粥状動脈硬化】

 

こちらの動脈の病気は、血液中のコレステロールや中性脂肪の数値が高くなることで起こります。
白血球の1種であるアクロファージがコレステロールを捕食して再利用する働きがありますがコレステロールが多いときにはマクロファージの残骸がお粥のようなドロドロしたアテロームの物質に変化が起こることになります。
この物質により血栓の原因となります。

 

 

【中膜硬化】

 

メンケルベルグ型硬化と呼ばれている種類の動脈硬化に該当する中膜硬化は、血中に含まれているカルシウムが増えることで発生するものです。
血管が外膜、中膜と内膜の三層に分かれておりこのうち中膜が硬化する特徴です。
血管が破れるほどもろくなってしまう特徴があり心臓近くの大動脈や下半身そして首の動脈に多く見られる種類になります。

 

スポンサーリンク

 

【細動脈硬化】

 

高血圧が原因となるこちらの病気は、脳や腎臓の毛細血管に発生するものです。
こちらの病気が起こるのは毛細血管に限られているもので、少量の決戦でも強い影響を受けることになります。
強度の劣る毛細血管は、こちらの症状になると血管癖が破れやすくなってしまう欠点があります。

 

 

【種類の違いによる合併症】

 

動脈硬化の種類により発症してしまう合併症が異なります。
アテローム性粥状が起こる場合には、脳卒中脳梗塞そして心筋梗塞や狭心症など脳と心臓に影響を与えるものになります。

 

 

中膜硬化は、心臓の大動脈で起こるため、命に関わる可能性の高い大動脈破裂を引き起こす病気となります。
大動脈破裂では早期発見と破裂前の治療が生存率上昇に深く関係しています。
そのため早期発見がとても重要な病気です。

 

 

細動脈硬化は、毛細血管に発生する病気のため脳卒中や脳梗塞が起こるだけでなく腎不全の原因にもなっています。

 

 

動脈硬化の種類により発症する合併症が異なります。
病気の種類により適切な治療が必要な症状になります。

 

スポンサーリンク