動脈硬化指数の計算方法と基準値

動脈硬化指数の計算方法と基準値

スポンサーリンク

 

動脈硬化の起こりやすさを表す動脈硬化指数はどのように計算するのでしょうか?計算方法を紹介します。
また基準値はどのようになっているのかを詳しく見ていきましょう。
動脈硬化指数は低ければ安心というわけではないようです。

 

 

【動脈硬化指数は動脈硬化になりやすいかを表した指数】

 

動脈が老化などによって硬く、血管内部が狭くなってしまう動脈硬化が起こりやすいかどうかを表す指数が動脈硬化指数です。
この指数が高ければ動脈硬化になりやすく、低ければ動脈硬化は起こしにくいということが出来ます。

 

 

【動脈硬化指数の計算方法】

 

では実際にこの動脈硬化指数をどのように計算していけばよいのかという計算方法をチェックします。
血液検査などによって検査を行うコレステロールの値を利用した計算方法になります。
(総コレステロール−HDLコレステロール)/HDLコレステロールとなります。

 

スポンサーリンク

 

【基準値はどのようになっているのか】

 

評価すべき指数は計算方法から数字が算出されますが、今度はこの動脈硬化指数の基準値の話をしていきます。
まず正常となる基準値ですが、0〜2.9です。
つまり、動脈硬化指数は低ければより良いということになります。

 

3.0〜4.9の場合には、要注意という基準値になります。
さらに5.0以上の場合には、すぐにでも治療を開始しなければならないという基準値になってきます。

 

 

【簡単な計算方法も】

 

動脈硬化を予防するためのガイドラインが2007年に改訂され、より計算方法が分かりやすいものも登場しています。
LDLコレステロール/HDLコレステロールという計算方法です。

 

この計算方法での基準値は、1.4以下が正常で、1.5〜1.9は血管壁にコレステロールの蓄積が始まっている状態、2.0〜2.4は動脈硬化が血管全体で進行している、2.5以上はプラークが出来ている可能性が高いとなっています。

 

 

動脈硬化指数は計算する方法が二つあり、基準値も二つあります。
指数が低ければより動脈硬化を起こしにくく、高ければより動脈硬化を起こしやすいということが言えます。

 

スポンサーリンク