動脈硬化で処方されるワーファリンの効果と副作用

動脈硬化で処方されるワーファリンの効果と副作用

スポンサーリンク

 

動脈硬化の治療で薬治療を行うときには、ワーファリンが処方されることがあります。
こちらの病気の予防や治療に適した薬となります。
こちらの薬の効果と副作用が気になります。

 

 

【ワーファリンの効果】

 

動脈硬化の予防や治療のために行う薬治療では、ワーファリンが一般的に処方されることになります。
こちらの薬の効果は、動脈硬化の症状を改善させることができます。
こちらの病気では血管の中で血栓や硬化により現れる症状です。
こちらの薬は、血液が固まる効果を防ぐ作用があります。

 

 

動脈硬化は、血液が固まることが原因になるためこちらの薬を利用することは、血液が固まることを防ぐ効果により症状を予防することや治療することに役立ちます。
血栓を溶かして血液をサラサラにする効果があるワーファリンは、すでに動脈硬化の現れている血管でも利用できる薬となります。
動脈硬化の影響で心筋梗塞や脳梗塞になるリスクがある場合には、ワーファリンを使用することはとても良い作用を与えてくれます。

 

スポンサーリンク

 

【ワーファリンの副作用】

 

動脈硬化の予防や治療のために利用できるワーファリンですが、服用には注意が必要です。
毎日決められた時間に服用するだけでなく副作用があります。
この薬の副作用では、出血の心配があります。
この薬の効果が効き過ぎると出血しやすい身体になってしまいます。
そのため出血があると簡単に止まらなくなってしまいます。
また、出血以外にも重大な副作用として皮膚の壊死や肝機能障害そして黄疸があります。

 

 

ワーファリンは服用することで副作用があるかチェックすることは簡単にできます。
この薬の効果が強く出ていると歯茎から酷い出血や鼻血が止まらない、目の充血があります。
これらのチェックをすることで薬の影響がわかります。
これらの症状がある場合には速やかに医師に相談をしましょう。
また、この薬を服用しているときには納豆、青汁そしてクロレラを摂取することはできません。
これらの食材はビタミンKが含まれておりこの栄養素はこの薬の働きを阻害してしまうからです。

 

 

動脈硬化の時に予防や改善のために服用できるワーファリンがあります。
副作用のある薬のため服用方法を注意して摂取をしましょう。
また、この薬を服用しているときには食べることのできない食材があります。

 

スポンサーリンク