動脈硬化の症状と手や腕の痛み

動脈硬化の症状と手や腕の痛み

スポンサーリンク

 

生活習慣が原因と言われる動脈硬化の症状では、こちらの病気の影響により体や腕に痛みが現れることがあります。
前触れとなる痛みもあり、放置しておくと危険です。

 

 

【動脈硬化と手や腕の痛みの関係】

 

動脈硬化の症状では、前触れがある症状があります。
心臓が関係している場合には、左腕や手に痛みの症状が現れます。
心臓から離れているため関係のないものだと考える人がいますが、動脈硬化で心臓に影響があるときには手や腕に違和感がある時はとても注意しないといけません。
こちらの病気の前触れとして現れることがあります。

 

 

必ずこの前触れが現れるとは限りませんが、動脈硬化の影響により胸の痛みがある人の半数が手や腕の痛みのサインがあります。
こちらの痛みのサインがあるときには、必ず医師に相談をしましょう。
こちらのサインに気がつかずに放置しておく事は、治療が間に合わない手遅れの場合があります。
少しでも気になる症状があるときには必ず医師に相談をしないといけない病気です。

 

スポンサーリンク

 

【心臓や脳だけではない】

 

動脈硬化の症状だと心臓や脳だけに影響がある病気だと勘違いする人がいます。
実際にこちらの症状は、血管の中に現れる病気です。
そのため血管の中であれば、手や腕でも発症する可能性が高いです。
この部位の血管に圧迫などの違和感があるときには、動脈硬化の心配も考えましょう。

 

 

また、これらの部位に痛み以外にも痺れが現れることがあります。
この痺れも動脈硬化の影響により引き起こす症状になります。
男性に多く現れることになりますが、心筋梗塞や狭心症の合併のリスクも高まるため、注意が必要です。
血管が硬化することは血管自体が脆くなっています。
特定の場所に限らず特別な違和感があるときには必ず医師に相談しないと取り返しがつかないことになります。

 

 

動脈硬化の症状は、心臓や脳の周辺だけに現れる病気ではありません。
場所によっては手や腕に痛みを伴うことがあります。
違和感などがあるときには必ず医師に相談することが大切です。

 

スポンサーリンク