ストレッチで動脈硬化を改善しよう

ストレッチで動脈硬化を改善しよう

スポンサーリンク

 

動脈硬化により、血管が硬くなってしまうと元に戻らないと言われていましたがそれは間違いです。
最近の研究では元に戻ることがわかっています。
血管を改善する方法としてストレッチを利用することができます。

 

 

【血管を柔らかくするため】

 

動脈硬化は、血栓ができ梗塞や硬化の症状に進行することで動脈硬化になります。
こちらの症状になってしまうと改善することができないと言われていましたが、最近ではこの考え方が否定されています。
生活習慣を見直すことで血管の改善が役立つためストレッチを行うことが動脈硬化のために有効な運動療法になります。

 

 

適度な運動療法を行う事は動脈硬化改善に有効な方法です。
血管を柔らかくさせることができる改善方法としてストレッチを採用しましょう。
この運動は、体を柔らかくするための体操となります。
有酸素運動と併用して行うことが動脈硬化の改善のために大変良い運動療法になります。
身体に負担の少ないストレッチを行うことで、体質改善に利用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【効果のあるストレッチ方法】

 

動脈硬化の硬化改善に有効なストレッチの運動療法は、良い影響を与えます。
こちらの病気を治す目的ですが無理な運動は体に悪い影響を与えます。
ハードな運動を行わずに簡単な運動を行いましょう。
  動脈硬化に良いストレッチは、ゆっくり呼吸を繰り返しながら行うことができるものです。
毎日5分ほど行うことで効果のあるものばかりです。
適度な痛さが気持ち良い心地になるストレッチを行いましょう。

 

 

【具体的な運動方法】

 

太ももの運動では、両足を伸ばした状態で座ります。
次に片方の足を曲げるときに曲げた足尾惜しいに近づけます。
この状態で上体を後ろに軽くそらしそのまま30秒キープします。
お腹の運動では、うつ伏せの状態から手のひらを床に就いてゆっくり両腕をのばします。
上体だけ起こして背中を育てた状態で30秒間キープします。
お尻の運動では、両足を伸ばして床に座り膝を曲げて足を組みます。
曲げた足の膝を肘で押しながら上体をひねりそのまま30秒間キープします。
股関節の運動では両足を開いて床に座ります。
両足のかかとをくっつけて股関節に引きつけます。
そのままの状態でゆっくりと上体を前に倒していきます。
これらの運動が血管回復に役立ちます。

 

 

動脈硬化は、ストレッチを行い改善することができます。
いろんな体の部分の運動を行い血管を柔らかくすることができます。

 

スポンサーリンク