ためしてガッテンで紹介された動脈硬化の発見法と改善法

ためしてガッテンで紹介された動脈硬化の発見法と改善法

スポンサーリンク

 

NHKの人気番組「ためしてガッテン」で紹介された動脈硬化の発見方法について紹介していきます。
全部で3つあるこの方法で動脈硬化を発見し、早い段階で改善していくことが出来るように努めていきましょう。

 

 

【ためしてガッテンで紹介された3つの動脈硬化の発見法】

 

NHKの人気番組、ためしてガッテンで紹介された動脈硬化の3つの発見方法をまずは紹介します。
動脈硬化の改善のためには、まず発見することは大切です。
初期の段階で発見することが出来れば改善も早く進めていくことが出来ますので、まずは発見をすることは大切です。

 

 

【食事の後に猛烈に眠い場合頸動脈の硬化の可能性】

 

食後に眠くなるという人は多くいますが、その眠気が非常に強い、猛烈に眠くなり、気が付いたら寝ていたというようなことが頻繁に起こる人は、ためしてガッテンでは頸動脈が狭く食後脳への血液の流れが低下している可能性があると紹介しています。
食後の急激な血圧低下もこの頸動脈の硬化が心配される状態です。

 

 

【降圧剤を飲んでいるけど血圧が下がらない場合は腎動脈の硬化の可能性】

 

高血圧のために医師の処方により降圧剤を飲んでいるのに、血圧が下がらないという人もいます。
この場合、ためしてガッテンではもしかしたら腎動脈の動脈硬化が起こっている危険性があるといいます。
腎臓に送られる血液量が減ると、腎臓は血圧を上昇させて血液を送ってもらおうとします。
このため降圧剤を飲んでも血圧が下がらないということが起こります。

 

スポンサーリンク

 

【アキレス腱の状態によっても動脈硬化が起こりやすい】

 

生まれつき遺伝によってコレステロールが下がらない病気として、家族性高コレステロール血症という病気があります。
ためしてガッテンで紹介した特徴としてアキレス腱が後ろに膨らんでいたり、厚さが2p以上あるとこの危険性があります。
改善には薬物治療が必要です。

 

 

【心当たりがあれば改善を】

 

このような状態にある場合には、動脈硬化が疑われます。
一度医師に相談をして、改善を図るように心がけていきましょう。

 

 

ためしてガッテンで紹介された3つの動脈硬化の発見方法で、もしかしたら?と思ったら、改善できるように心がけることはとても大切です。
医師に相談もしてみてください。

 

スポンサーリンク