動脈硬化により石灰化となってしまった血管の治療方法

動脈硬化により石灰化となってしまった血管の治療方法

スポンサーリンク

 

動脈硬化の症状で血管が石灰化になってしまうことがあります。
この症状は、カルシウムが原因となっています。
この症状に効果のある治療方法を紹介します。

 

 

【カルシウム不足が原因】

 

動脈硬化の症状で血管が石灰化することがあります。
血管が、血栓から硬化の進行により血流が細くなっている場所に石灰化することで心筋梗塞や脳梗塞など動脈硬化の症状が現れてしまいます。
この石灰化はカルシウムが原因とされています。
カルシウムの摂取量が不足すると血液に骨がカルシウムを溶かして溢れてしまうことになります。
これが原因でこちらの症状になってしまいます。

 

 

動脈硬化の原因となるカルシウムの影響による石灰の症状では、動脈硬化と同じ治療方法を採用しても改善されることが難しいです。
カルシウムが溶け出し石灰の状態になっているため、食事療法や運動療法を行っても改善される治療方法として採用できません。
独自の治療方法を行う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【カルシウムの石灰の処置】

 

動脈硬化の石灰化は、カルシウムを除去する手術が必要です。
プラークの血栓を取り除くやり方と近いものを採用します。
血管をバルーンで膨らませるからドリルで切開部分を削ることになります。
石灰は非常に硬い状態になっていることがあり簡単にドリルで削ることができない場合があります。

 

 

カルシウムによる石灰化は、切開部分を取り除く治療方法しかありません。
外科的治療を行い切開部分を取り除くことになります。
石灰の状態は、血液の中が石灰により固まってふさがっている状態になります。
この塞がった状態を改善させるために手術を行うことになります。

 

 

この血管の石灰は、場所により大変困難な手術になることがあります。
心臓に近い場所や脳に近い場所など細心の注意が必要なことがあります。
しかし、今の医学では手術を行うことが最適な除去になります。

 

 

動脈硬化となる石灰化は、手術しか治療方法がありません。
こちらの症状にならないためにも普段の食事療法や運動療法を行うことになります。
しかし、これらの治療方法は、完治するためのものではありません。
予防のために行います。

 

スポンサーリンク