動脈硬化を調べる!検査費用の目安?

動脈硬化を調べる!検査費用の目安?

スポンサーリンク

 

医療技術が進歩している日本でも、病気による死因の6割が動脈硬化と言われています。
日本3大疾病との関わりがあるこちらの病気は、誰でも気になるものです。
この病気について、検査の費用の目安について説明します。

 

 

【動脈硬化の検査費用】

 

命の危険のある病気と関わりのある動脈硬化は、定期的に検査することができます。
この定期的な検査をすることは、こちらの病気の予防としてとても有効な方法です。
しかし、多くの人がこちらの検査の内容や費用の目安が分からないことで躊躇してしまう人が多いです。
動脈硬化になっているか調べる方法については、いろんな種類がありそれぞれ目安となる費用が異なります。

 

 

【CAVIの方法】

 

こちらの病気になっているか調べる方法としてCAVIの方法があります。
両腕と両足首の血圧と脈波を測定する方法です。
こちらの場合には痛みもなく仰向けの状態で終了することになります。
動脈硬化のこちらの検査では、動脈の硬さ、血管年齢や動脈のつまりがわかるものになります。
費用の目安としては2,000円から3,000円ですみます。

 

 

【頸動脈エコーの方法】

 

頸動脈の血管のエコーを調べることでこちらの病気かわかる方法です。
頸の部分にある太い血管にゼリーを塗って機械を用いて行います。
痛みもなく5分から15分程度で終わる方法です。
脳血管疾患の病気のときでも使用される方法です。
動脈効果の有無や詰まり具合の観察そしてプラークの状態を診ることができます。
こちらの費用の目安は3,000円から6,000円です。

 

スポンサーリンク

 

【心電図や心臓のエコー】

 

心筋の血液が不足しているか、異常がないか調べることができる方法が心電図です。
また、動脈硬化を調べる方法では心臓のエコーを調べることで心臓の大きさや収縮の様子を見ることができこちらの病気になっているかわかります。
心電図は費用の目安として6,000円から1万円、心臓エコーの場合には1万円前後になります。

 

 

【主流となっているMRI 】

 

動脈硬化の検査のために用いる方法として主流となっているのがMRIの診断です。
現在ではこちらの方法を採用して診断することが一般的です。
CTよりも精度が高くいろんな検査に採用されています。
心臓だけでなく日本の動脈硬化の様子や脳や心臓の状態、梗塞や出血があるのか診断することも可能です。
簡単に調べることができる方法ですが費用の目安は3万円前後と高額になっています。
しかし、確実に調べることができる方法としていろんな病院で採用されています。

 

 

動脈硬化を調べる方法はいくつかありますが最近の主流はMRIです。
検査費用の目安が他の方法よりも高額ですが確実にそしていろんな場所を調べることができます。

 

スポンサーリンク